アーバン特許事務所 中小企業 知財 弁理士 意匠 商標

意匠の目的とは

商品のデザインは、商品購入における大きなファクターとなり得るものです。
したがって、苦労して創作したデザインが、後から他人によって勝手にまねされてしまうと、自分の商品の売り上げは減少してしまうかもしれません。

また、せっかく創作した商品のデザインが市場にあふれかえることで、デザインの価値が著しく低下するかもしれません。このような状態を許せば、新しいデザインを創作しようとする意欲はそがれてしまうでしょう。

そこで、一定の条件を満たす意匠については、意匠法という法律によって、法的に保護することとしました。
すなわち、意匠法は、意匠を創作した者に、意匠権という独占排他的な権利(自分だけがその意匠を実施することができ、他人の実施を禁止することができる権利)を与えることとしたのです

意匠について更に詳しく知りたい方は


意匠とは


意匠登録の目的とは


意匠登録のメリット


意匠権の取得要件


意匠登録の流れ


意匠権の効力


意匠権の移転