アーバン特許事務所 中小企業 知財 弁理士 意匠 商標

意匠登録のメリット

意匠権を得る必要性

意匠権を得るためには、意匠登録出願を行わなければなりません。

しかし、意匠登録出願には費用や時間がかかります。また、出願した意匠登録出願がすべて登録されて意匠権が付与されるわけではなく、「拒絶」されることもあります(意匠登録出願の拒絶理由については後述します)。

では、なぜそこまでして意匠権を得る必要があるのでしょうか?
それは「自分の商品のコピー品が安く売られている!」ということが起こらないようするためです

通常、商品のデザインの創出には多くの時間とコストが費やされると思います。

あるいは、偶然に奇抜な発想に基づくデザインを思いつくことがあるかもしれません。

しかし、このような商品をそのまま販売してしまいますと、何の苦労もなく全く同じ形の商品が真似されてしまうかもしれません。
新しい形状を考えるよりも、目の前にある商品と同じ形状のものを作ることの方が、多くの場合極めて容易であるためです。その結果は前述したとおりです。

意匠権はこのような「ものまね」を法的に排除することができます。あるいは、他人に自分の意匠権に基づいて実施権(意匠権者から「使ってもいいですよ」という許可をもらって実施する権利)を設定すれば、自分は物を作らなくても実施料を得ることもできるのです。 


意匠権を得るメリット

もう一つ意匠権を得るメリット(メリットというよりも活用方法)があります。
それは、特許で権利を得ることができない場合に、その商品の形態だけでも権利を取得したい場合です。
特許権は意匠権とは保護対象が異なるものです。特許権は物の形態ではなく、具現化された思想(いわゆる発明)を保護するものです。

このため、新しいものを発明した場合には、特許権を得ることが望まれます。

しかし、特許権を得るためにその発明が高度であることが要求されます。
したがって、その商品に込められたアイデアそのものは高度ではない場合であっても、意匠権によって、デザインとしての権利を得ることができるのです。

また、同様に、「商品を販売したら思いがけず爆発的に売れたけど、何の権利も持ってない!ものまねされるのも時間の問題だ!」という場合に、わずかですが、商品保護の道があることです。

通常、せっかくの発明品も、一度でも販売されて世の中に知られてしまうと、それ以降特許出願を行っても特許権を得ることができません。
たとえば、「持ちやすくて疲れにいくい鉛筆」を開発して売り出したところ爆発的に売れた、という場合があったとしましょう。
この場合、特許出願を行っていなければ、同様の商品が簡単に他人にまねされてしまいます。
しかし、すでに販売をしているため、その後に特許出願を行うことはできません。

このような場合、本来は特許権を得ておくべきであったのですが、少なくても商品デザイン(例えば特殊な形状の鉛筆)のみについては、販売から6月以内に限って、意匠権を事後的に得ることができます。詳細は割愛しますが、特許法とは異なり、意匠法では「販売」後であっても意匠権を得る道が残されているのです。

ただし、これにも限界がありますので、できるだけ適切な時期に適切な出願(特許出願や意匠登録出願など)をしておくことが望まれます。


意匠について更に詳しく知りたい方は


意匠とは


意匠登録の目的とは


意匠登録のメリット


意匠権の取得要件


意匠登録の流れ


意匠権の効力


意匠権の移転