◇ 特許制度とは

特許制度とはどのような制度でしょうか?

特許制度とは「発明」を保護する制度です。
特許制度では、新しく有用な技術に対して、決められた手続きで公表した人に「特許権」という権利を付与します。特許権は、公表した技術を独占的に利用することができる権利です。

他の人は、公表された技術を無断でビジネスに利用することは許されません。
その一方、他の人は公表された技術を参考にして、新たな技術を開発することができます。
また、公表された技術を自分のビジネスに利用したい場合、特許権を持っている人から許諾を得ることで利用することができます。
なお特許の権利は、出願から20年間と定められています。

このように、特許制度の目的は、特許権を持っている人と他の人との間に調和を求めつつ技術の進歩を図り、産業の発達に寄与していくものです。