◇ 実用新案のメリットとデメリット

特許ではなく、実用新案を取得するメリットは何でしょうか?

特許ではなく実用新案権を取得するメリットに、
 1 特許に比べ早期に権利を取得できる点
 2 特許に比べ権利取得にかかる費用が低い点
があります。

おおまかにいえば、
 特許は 出願 → 実体審査 → 登録
という過程を経て権利取得になりますが、
 実用新案は 出願 → 登録
という過程で権利を取得することができます。

つまり実用新案では実体審査が行われないぶん、権利取得に対する期間と費用をカットすることができるのです。期間は約2~4ヵ月と早期の権利取得が可能であり、権利取得までに特許庁に収める金額は2~3万円程度(手数料除く)と費用を抑えることも可能です。したがって、特許ほど高度ではない考案でも、とりあえず早期に権利を取得したい場合や、低コストで権利化を図りたい場合に有効です。

ただし、実用新案権制度には 実体審査が無いので、その有効性について客観的な判断がなされません。そのため、権利行使に際して当事者側でその権利の有効性を示す必要があり、権利行使に特に注意を要するというデメリットがあります。